【編集部より皆様へ大切なお知らせ】

ラリック|シグネチャーフレグランス《 ラリック ドゥ ラリック 》待望の登場

“クリスタルガラス界のオートクチュール“と称される、最高峰のライフスタイルメゾン、ラリックは、シグネチャーフレグランス《 ラリック ドゥ ラリック 》を、日本において展開を開始します。
1992年の発売以来25年以上にわたり世界中の女性に愛されてきた、ラリックのアイコニックな香りであり、日本における販売が待ち望まれていましたが、満を持して、2019年4月10日より発売を開始します。

《 ラリック ドゥ ラリック 》とは

洗練とエレガンスを象徴する香りとして、「独創的なクリスタルアートと卓越した調香とのフュージョン」をテーマに、ルネ・ラリックの孫であるマリー=クロード・ラリックが1992年に発表したラリック初のフレグランスです。
優美なスタイルのボトルは、ハニーサックルの華やかなモチーフで飾られ、ラリックらしい装飾美が際立ちます。華やかで優雅、かつ上品な香りとともに、メゾンの創造性と美意識を堪能できる、見目麗しいフレグランスです。

【フローラルムスクの香り】

トップのローズ、ジャスミン、アイリスなどの上品で華やかなフローラルブーケから、親しみやすさと初々しさを感じさせるベリーのハートノート、そして官能的で優しく包み込むようなサンダルウッドやバニラを配したムスキーなドライダウンノートへと変化する、タ イムレスでフェミニンな香り。エレガントで優雅な女性らしさを纏うためのオードトワレ。

《 ラリック ドゥ ラリック 》オードトワレ
50mL / 12,500円(税抜本体価格)

ラリックのフレグランス

ラリックとフレグランスの歴史は密接に結びついています。ジュエリーデザイナーとして名声を得たルネ・ラリックは、香水商フランソワ・コティの依頼を請けて香水ボトルとラベルのデザインを手掛け、それをきっかけに多くのエレガントな香水瓶を制作しました。今日もその創造性は受け継がれ、ユニークなアプローチのフレグランス、ホーム・フレグランスのアイテムを多数発表しています。それらはすべて厳選された原料が用いられ、またルネ・ラリックのクリエイションに着想を得た美しいボトルに収められています。

ラリックについて

1888年にフランスで創業されたラリックは、クリスタルガラス界のオートクチュールと称される最高峰のメゾンです。「モダンジュエリーの生みの親」として知られるルネ・ラリック(René Lalique)は、ガラス工芸における芸術の巨匠となりました。時を経てその名前は、唯一無二の熟練技を示す力強い象徴となり、また高級感、卓越性、創造性、そして広く名高い芸術様式と同義となっています。

創業者 ルネ・ラリックが確立した、圧倒的な職人技術と比類なきクリエイティビティを現代に継承するラリックは、現在ではクリスタルの装飾品をはじめ、ジュエリー、インテリア、アート、ワイン、フレグランスの6つのカテゴリーを展開し、タイムレスな魅力を発信し続けるインターナショナルなライフスタイル メゾンへと進化しました。

また、ラリック社は、ラグジュアリーブランド、アーティスト、デザイナーとの独占的なコラボレーションを行い、両者のノウハウと専門性に基づいて、息を呑むほど魅力的な作品と他に類のないコレクションを生み出しています。1921年の工場設立以来、すべてのクリスタル製品は、フランスのアルザス地方にある同社の唯一の製造拠点で、手作業によって生産されています。

【SHOP LIST】
ラリック銀座店
中央区銀座5丁目6-13
https://goo.gl/maps/PUGFJXfScHC2

【ラリック公式オンラインショップ】
https://lalique.jp/