【悩み相談室】フリーランスでの『友達価格』について

HN:  mimiさん ( 31歳・女性 )
「フリーランス2年目で活動している者です。人の付き合い方が分かりません。仕事でやっている事を”友達価格でやってー”などと言われる事が多々あり、その度に辛いです。」
私達2人ともフリーランスなので凄く共感する!!!
特にフリーランスなりたての時なんかは、よく言われた記憶が……
私は、お金を支払う仕事=スキルの対価 と思っているので、そういわれた時はまだまだ経験が足りないんだなぁと悔しい気持ちになったかなぁ。勿論、タダで仕事はやらなかったですけどね☆

ゆな編集長

まきたそ

私の場合は、1年目は実績が欲しいから割り切ってたな!
ある程度の値段は決めるけど、その案件の質によって流動的…本当に友達価格という名のタダもあった(笑)
でも、もう友達価格にしなくてもいいと思う。逆に交渉や断り方を学ぶ方にシフトしてみたらどうだろう?
勇気を持って断るって大事だと思う。
一度でも納得いかない条件で請け負うと、きっと1度きりでなくなるから。
2回目以降に不満をいうと「前回はコレでやってくれたのに!」と揉める原因になるからね。
ただ断るというよりは、自分も相手にも納得出来るような断り方を学ぶべきだと思う。
あと、私はやりとりしている時点でめんどくさくなりそうな相手はすぐお断りをするよ!笑
だいたいメールとか文章でのやりとりでも分かるようになってきたよ。

ゆな編集長

まきたそ

ゆな編集長、流石ですね!
私はテキストとかでは判断出来ないよ(苦笑)
さてさて、mimiさんは茨の道を選んだのだし、取捨選択・責任は自分の手にあるのだから、友達価格が辛いのであれば意思表示をして、別のフェーズに移ったほうがいいと思う。そこで切れちゃうご縁ならそこまでのものだし、そこで継続するならあなたの仕事を愛してくれているんだよ☆
そうだね☆ある意味試されるよね。怖いけど勇気を持って言い出してみてください!!!
それで相手側が文句垂れるのならば、その悔しさをバネに相手が羨むような仕事をバシバシこなして見返してやりましょう!!!影ながら応援しています!!!

ゆな編集長

ひとりで抱え込まないで!!!お気軽にご相談くださいね☆
悩み相談室は、365日24時間開いています☆

Photo by Domenico Loia on Unsplash