【編集部より皆様へ大切なお知らせ】

エシカルファッションで想いがつながるフリマイベント「 Open Closet Market 」

先日、3月26日(火)に、東京・原宿にある JACKROSE 2Fにて「 Open Closet Market ―apparel & stylists edition― 」が開催されました。ファッション、美容業界の出品者が所有するオシャレなアイテムを「思い出」と共に販売するのがこのイベントのコアテーマ。Instagramのファッション通やインフルエンサーたちも多数参加。今回はそんなリユース業界に新たな風を吹き込む素敵なイベントをご紹介します!

Open Closet Market とは?

Open Closet Market とは、インスタグラムでユーズド品を出品できるプラットフォームを展開する MODALAVA株式会社(以下、MODALAVA)のサービスから派生したフリーマーケットイベントです。
MODALAVAにとってのミッションは、すべてのファッションを愛する人が、もっとファッションを楽しむ暮らしを送ることができる世の中をつくること、そして Open Closet Market を通じて、ファッションを愛する人とその発信力を、人と想いをリアルでつなぐことで“エシカル”(道徳的で地球にも人にも優しい)な活動を応援したいと話しています。

本気でオシャレを楽しめるフリマイベント

よく雑誌などで「流行(はやり)」というフレーズを見ること、目にすることが多いですが、そういった流行にとらわれずに楽しめるのもこのイベントの醍醐味。購入時のエピソードや今までどんな風に愛着を持って着用してきたのかを、出品者の生の声で聞けたりします。そこから、ファッションへの想いを受け継いだり、オススメのコーディネイトのヒントを得られるかもしれません。

1つ1つのブースが魅力的

約1m弱くらいのクローゼットスペースがいくつもあり、それぞれ出品者のカラーが楽しめます。
現代ではインターネットでのショピングも便利ですが、このように展示されている雰囲気を楽しみながらショッピングができることは、改めて楽しいものだと感じることができました。

出品者の想いが伝わるタグ

商品には、コーディネート例の写真が付いていたり、可愛らしいタグが付いていました。
使用感の項目をただ単に「美品」「使用感あり」とするよりも、想いのこもった丁寧な言葉でつづることで、出品物の魅力が一段と深まります。そんな工夫をしてくれる主催者側の配慮と愛情を感じます。

疲れたらひと息つける、居心地のよい空間

想いもこもった空間なので、売る側も買う側もそれなりにパワーが必要ですよね。歩き疲れたらホッとひと息がつけるスペースも用意されていました。(別途チケット要)

とても賑やかな雰囲気でした。そこで話も弾んだり、そこから繋がるコミュニケーションの場としても素敵な空間となっていました。
会場には男性も、女性も、仲良くファッションについて熱く語っていました。
そしてみなさん、とてもオシャレなルックスで参加されているので、色んなコーディネートの参考になります。


いかがでしたでしょうか?
参加者全員が本気でオシャレを楽しめるイベント。なかなか目にする機会がないと思います。
「 Open Closet Market 」は、数ヶ月ごと定期的に開催されていますので、WEBサイトをチェックしてみてください☆

主催者情報
MODALAVA 株式会社

「あなたのセンスとファッションへの愛をより豊かで未来へつなげる」を理念として、2017年に設立。本気でオシャレが好きな人のためのイベントやECサイトを展開する「Open Closet」や、「#ootd専属買取クラブ」などの運営を行う。今年6月から毎日新聞社などで設立した「毎日みらい創造ラボ」主催のシードアクセラレータープログラム第2期生に選抜。
創業メンバーは30代女性で子育て、パラレルワークをジャグリングしながら事業を展開。

会社URL https://www.modalava.com

【Instagram】
会社アカウント @modalava
open.closet.online @open.closet.online